香港にも当たり前ですが、各銀行にATMがあります。各銀行の支店の中はもちろん、街中に結構たくさんあり、私たち旅行者にもとても便利です。口座を持ってなくても、メジャークレジットカード (VISAやMasterなど)をもっていれば、ATMにPlusやCircusの表示があれば、キャッシングが可能です。表示は中文と英文のふたつを選択できるようになってますので、得意な方?でご利用ください。やり方は日本の物と同じですので、不自由はしないと思いますが、英文にしても、中文にしても金融用語が出てくるので、少しとまどうかも・・。例えば、「PIN」は暗証番号などなどです。人生は何事も経験です。トライしてみてください。

これらのATM街中にあるものはほとんどすべて人通りの多い道路に面してビルの壁面なんかに埋め込まれて、野ざらしになってます。密室でこそこそやるより、周囲の目があるこちらの方が安全だと言う考えなんですね。個人的な意見ですが、道端で大勢がATM待ちで並ばれることがあるんですが、通行の邪魔です。
日本人の感覚からすると、ATMは現金が引き出せて、入金できて、振込みができて、営業時間外には手数料がかかって・・・ってかんじですが、日本のものとどのように違うのか?香港の某恒○銀行のATMのシステムをご紹介しておきます。

まず、入金はすべてのATMでできるわけではなさそうです。手順はまずカードを入れて、「deposit」のボタンを押すと入金金額を聞いてきます。入力後、紙の明細となぜか封筒が出てきます。封筒には「出てきた明細と入金するお金を封筒に入れて、封をして挿入口にいれろ」と説明されていました。(もちろん英語と広東語でです)「????」の気持ちがいっぱいでしたが、言われたとおりしました。封筒を飲み込んだ後、預り証も明細も何も出てきません。不信感いっぱいでしたが、仕方がなくATMを離れました。
数時間後、残高を調べましたが、なんと!入金前と同じではないか!?思わず窓口に文句を言いに行きました。「さっき入金したのに残高が更新されていないんですが・・・。」と低姿勢に尋ねると、「えぇ〜!?で、どの機械を使ったの?」と聞かれたので、「あれ!」と指差しました。するとお姐さん鼻で笑うように「明日にならなきゃ更新されないわよ!ふふっ」(全部英語でのやり取りでしたが、私の主観が入った翻訳になってるのでご了承ください)話をよく聞くと閉店後に封筒の中身をチェックしてから残高を更新しているとのこと。そりゃそうですわね〜。入金の過程の中で一度も金額を数える場面はなかったもんね〜・・・。早く残高に反映させたい場合は「QDM」(Quick Deposit Machine) という機械を使え。とのこと。隅っこの方に確かにありました。試しに使ってみましたが、即残高が更新されていました。

数年前のことなので、地下鉄の自動券売機のように(昔はお釣りの出ない客を馬鹿にした機械でした)今は改善されているかもしれませんが・・・。 2005年6月現在今もこの入金方法は改善されていませんでした。

こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+