この空港は香港返還の翌年1998年7月2日に開港し、現在は3800メートルの滑走路を2本持ち、年間6300万人もの人が利用するアジアのハブ空港のひとつとなっています。

香港国際空港

実はこの空港、英国の調査会社SKYTRAX社による世界のベストエアポートに常にトップ5に選ばれているという、すばらしい空港です。開港以来、ワタシは密かにすばらしい空港だとひとりで思っていました。が、世界の人々もそう思っていたとは驚きです。
ちなみに2015年のランキングでは、羽田空港が5位、中部国際空港が7位そして関西空港が12位に選ばれています。日本の空港も負けずにステキってことです。

香港国際空港 香港国際空港

左上図がターミナル図ですが、入り口からY字型の先端まで1.27キロあるそうす。出発ゲートが変更になったため一度歩いて移動した事がありますがいい運動になります。上右図にご覧のようにもちろん動く歩道完備です。明るくて広々としていい感じの空港です。さらに中央コンコースの下には無人運転で時速約70キロで走る物騒なシャトル列車が運行しています。

入国に際して

入国審査場では私たちは外国人ですので”Visiter”と書いたブースに並びます。観光目的で日本国籍の人が入国する時は、第三国または復路の航空券等を所持していることを条件にビザなしで90日間の滞在が認められてます。という規定があるのですが、入国審査官のやる気がないのか、復路の航空券を見せろと言われたことは一度もないし、これからもないでしょう(笑)。
審査官に話しかけられたことは1回しかありません。それも、出国の際に「入国のスタンプはどこに押してあるの?」という、すばらしい質問でした。したがって、言葉がわからないからといって出入国のときは、緊張する必要はないと思います。

アメちゃん

入国審査のブースには左の写真のような香港国際空港オリジナルパッケージの「あめちゃん」が置いてあります。さすがトップ5入り常連の空港です。こういうさりげない配慮が、高評価につながっているのでしょう。


無事香港入国!

到着フロアー

よほどのことがない限り、入国を断られることはないですが、入国審査後、預けた手荷物を引き取り、形だけの税関(免税範囲を超えるものを持ち込みの方は、赤いランプのブースで申告なさってくださいね!)を通り抜けると無罪放免!?香港入国です!!ご覧のような到着フロアーが、皆さんを迎えてくれます。さあ、ここから香港市内へ移動です。


こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+