実は、先週金曜日に風邪を引いてしまい会社を早退させられました。会社に入って病気で早退した記憶がないんですが、 プロである以上職場で万全の状態で仕事できないとあらば仕方がありません。(周りの人達がワタシの鼻水ズルズルが不快だったからに違い ないと推測してますが)さらに、日常の一部となっているスポーツジムを2回も休み、万全の体制で新しい週をむかえたつもりですが、 声が「あゆ」になっていました。(理解してないそこのあなた!浜崎あゆみさんのような鼻声の意味です)全ての音が鼻にかかります。 おもわず会社で「あゆ」の物まねをしてしまいました♪。前置きが長くなりましたが、その「あゆ」声の今日のレッスンは、まず、 風邪の症状に関する単語を勉強しました。鼻水(bei2so:i2)發焼(fat1siu1)「発熱」その他・・・。本題は、前回の続きで、基本会話を 使った応用編。「沖縄へ行ったことがあるか?」「どこに行ったか?」「何が楽しかったか?」等々。詰まりながらも、 まあまあ答えられたかなってかんじ。最後に「発音は元に戻った」って。なんでなんや?ま、とにかくよかったよかった。「あゆ」のおかげ?
さて、今日は新しい文法事項の勉強。修飾する単語の後に来る副詞。得滞(dak1zhai6)「たいへん、とても」等。 そんなに数がないようなのでとりあえず、一安心?。それと語気詞、添(tim1)「そのうえ、さらに」を学。語気詞って言うのは、 関西弁の「~やねん」とか「~やで」などに相当する言葉。最悪なくても通じるけれど、会話っぽくなく聞こえるみたい。 逆に言うとマスターすれば、とってもナチュラルに聞こえるってゆーこと。
今週は平穏無事な一週間だったので、レッスンのことだけ語ります。久々にヒアリングから。道を尋ねるという設定の会話。 これって上級編?と思わせるほどけっこう早口で話してました。前もって新出単語なんかも聞いていてもけっこう難しかったです。 今の実力では20文字以上の文章はなかなかすべてを理解するには至ってないよーに思えます。あと、長文を読む時のポーズの 位置がなかなか・・・。
レッスンの後、衝撃の告白。「先生が今月いっぱいで日本を離れます。」

ゲゲ~~~!ガ~~~ン!!ど~しよ~。

どう表現していいか言葉が浮かびません。困った困った。
今日は最後のレッスン。ワタシがではなく先生が。最後ということで、普段の2倍2レッスン分を受講しました。 まずは会話編。あるテーマにそって意見を言うという高度な話からスタート。将来の夢想(mong4so:ng2)「夢、希望」を語る。 45歳くらいで会社を辞めて、1年のうち半年くらいを南の島で釣りをして暮らしたい。なんて語ったりしました。 もちろん知らない単語もあるので、助けてもらいながら広東語で何とかいえました?私も英語で苦手だった経験があるんですが、 先生も日本語の授業で自分の意見を言うというのは苦手だったといっていました。つづいて、ヒアリングと発音。 先週の続きで、道を尋ねる時。今回は比較的文章が短かったせいもあって先生いわく8~9割はOKだそう。 発音についても問題なしということで。最後に「繼續努力」というお言葉をいただきました。そのとおりです。 がんばります。you,too.

こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+