今日はヒアリングから。タクシーに乗るときのやり取りを聞き取る。 個人的には香港ではあまりタクシーを利用しないんですが、確かに何かものを言わないとどこへも 連れて行ってもらえないわけだしタクシーに乗るのも勉強かも。ってふと思ったりもしました。 結構理解できるようになってきつつあるのかなと思えるところもあり、まだまだと思えるところもあり、 つまり、聞き取りの能力が不安定ってことかな~。テキストを見ながらなら100%わかるんだけれど、 テキストを見ないと、聞き取り度は、1回目では50~60%、2回目だと80%程度ってところ。 わかっているんだけれど訓練ですよね~・・・。がんばります。
今日は文法事項から。結果補語といって、動詞の後につけて動作の状態を説明する単語の学習。 事前にテキストを読んできたものの、説明文がさっぱりわからない。ほとんどすべて同じ意味を持つ ように見えた。たとえば、整好(zing2hou2)と整翻(zing2fan1)。ともに、直す、修理するという意味 なんだけれど、結果補語である、好と翻の説明はテキストによると、好は、完成、完了すること。 翻は、元の状態に戻すこと。とある。一体どう違うのかが???でした。先生の説明によると翻の方が より厳密に完全に元に戻るというニュアンスを含んでいるのとのこと。教科書の説明でだけではわから ないネイティブの人の感覚による説明でした。そのあと、テキストの例文を読む練習。自分ではまったく 自覚がなかったのだけれど、先生いわく「完璧な発音」だそうです。どうしてある日突然???以前から 思っていたことだけれど、広東語は独学では絶対習得できない言葉だと思います。なぜなら、 発音は厳密に言うと発音記号どおりとは限らないし、今日の文法事項のように、微妙なニュアンスの違いが 習得できないから。というのが理由。
今日もヒアリングから。地下鉄の駅で行き方を尋ねる設定。地下鉄の駅名や線名なんかが 出てきたんだけど、電車のアナウンスではわかるものの、会話の中ではなかなか1回では聞き 取れなかった。一通りの解説、説明を聞いた後なら結構わかりました。実際の会話の中では誰も 解説してくれませんしね~・・・。その後、会話文の練習。王(wong4)の声調が変と指摘を受ける。 汪(wong1)と間違えるって。難しいっすね・・・。
今日もヒアリングから。バスの行き先やスケジュールを訪ねる設定。文章を聞いた後、 繰り返して言う。文章を聞いてから繰り返すまでに10秒以上間が空いたらその文章をすっかり 忘れてしまっちゃってる(-_-;)。日本語や英語ではありえないことなんですが・・・。 意味をはっきり理解している部分だけ覚えてるって感じ。まだまだ頭の中に広東語用の回路が できていないということ。訓練あるのみですかね~・・・。

こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+