今日は完了体の勉強。基本的にはたいしたことはなく、「咗」(zho2)を 動詞の後ろにつけるだけ。疑問文、否定文に少しバラエティ?があるようなかんじ。 「未」(mei5)をつけると、もう~した?とかまだ~してない。と言う意味になる。つまり英語の “yet”に近い言葉かなっ。と理解。つづいて、経験を表す完了体も学ぶ。 「過」(gwo2)を動詞の後ろにつける。「咗」とは少しパターンが違うだけ(否定のときに「未」 (mei5)をつける代わりに「咗」(zho2)はいらないけれど、「過」(gwo2)のときはいる)

例えば、 「我学咗英文。」「我学過英文。」

否定にすると、「我未学英文。」「我未学過英文。」 となる。

ま、こんなものかな。ということ。

 
今日は動量詞と時間を表す言葉の文中での位置を勉強。「見過一次」「一回会った(ことがある)」 と言う言い方と、動作を数えるときの単位が動作によってすべて違う???と言うことを学んだ。 先生が言うには今のレベルではあえて覚える必要はないよ。と言うことで例を見ただけで終わり。 で、時間を表す言葉は常に一番先頭か、動詞の前に来るというルールを確認。つまり、こういうこと。 「前日我去百貨公司。」または、「我前日去百貨公司。」

 
今回は今までの復習テスト。事前に配られた宿題の答え合わせ。先生は「好簡単」というけれど、 あんまり使わなかった単語なんかはすっかり忘却の彼方。80点以下なら先生はクビになると言ってたので、 採点の前にさよならの挨拶をしてしまいました。(笑)残念ながら挨拶は無駄になり、 失業者を出さずにすみましたが、文法事項より単語をたくさん忘れていることに気がつきました。 使わないと忘れるものだな~。と再認識。
実はワタクシ12月5日から香港へ行きます。まだ少し日にちがあるのですが、 先生の都合で今回が訪港までの最後のレッスン。先生に、今まで勉強したことで、 けっこうしゃべれるはず。今回は英語を使わずにずっと、広東語で話すようにしなさい。 言われてしまった。んん~。と困った末、「我會試吓講廣東話」と立派に返事をしてしまいました。(涙)

こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+