4月8日
3月最後の週、いよいよ4年間苦難の道をともにした?先生とのラストレッスン。

感慨無量というか、4年間の思い出が走馬灯のように(おおげさ!?)・・・
結局最後まで全部の会話を広東語で話すことができなかっただめな生徒でしたが・・・

「少林サッカー」を勉強したことなどなど、思い出話を広東語に日本語を交えて
話した最後のレッスンでした。

とりあえず当面は日本に残るそうなので、日本にいるうちに再会を約束して
これからは「先生と生徒」じゃなく、「友達」でいましょう!という話をして
ラストレッスンを終えました。

4年間お世話になりました!!!

こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+