今日はハイレベル?な勉強でした。題材はYahoo香港の政治面からで7月1日に香港であった香港基本法23条に 抗議するデモのおはなし。このはなし、たまたま日本の一般紙にもけっこう報道されていたので知ってましたが、 それでも広東語にするとむずかしい・・・。今日は話し言葉ではなく、主に書き言葉の読解と読み方が中心でした。 当然ですが、中文字の上にも下にも発音記号はついてません。そんななか、じゃんけんに負けたのでワタシが先に 読むことになったんですが、意味がわかるとかそういうことではないですが、半分以上3分の2くらいは読めるでは ありませんか!?ふふんっ、ってかんじでした・・・。1年半やってりゃ当然かも知れませんが進歩に少し感激でした。

 
今日は先週の続き。人生そうは甘くないようで、今週やったところは読むのにさえ一苦労。まだまだ修行が足りません。 ただ、初出の単語や文法事項を解説されるとなるほどぉ。ってかんじだったので、良しとしましょう。でも、読みが結構難しいです。 テキストのように10文字や15文字程度では終わらないので、ポーズを入れるところに結構困りました。向上するためには問題点を はっきりさせるのは大事なことです。それを改善していけば、いつかは・・・。
今日は久々にテキスト。例文を読んでいくと「お?発音がいつもと違うね~!?」といわれました。 自覚がまったくありません。どーも、上手い日とそーでない日があるみたいです。結構すらすらと読めているとお褒めに預かりました。 ただその中で、「a」の音と「aa」の音つまり音を伸ばすか伸ばさないかの違いがはっきりしてないらしく、 何回か指摘を受けました。日本語でもそうですが、音を伸ばすと伸ばさないでは意味が違ってきます。 意識するとはっきりいえますが、なかなか難しいかも・・。

 
今日は語気詞(語尾に引っ付ける感情を表す単語)の勉強。以前から時々このネタの勉強はしていますが、 「付けなくても意味は通じる。」という言葉に甘えて、結構他の単語や文法に比べて後回しというか後ろ向きでした。 が、「より自然な広東語」をめざす?ワタシたちは今回結構まじめに勉強しました。テキストに書いてある「堅い説明」 ではなんとなくフィットしないので先生の説明を聞くと、どーも微妙にニュアンスが違うように感じました。またも、 ネイティブスピーカーとの感覚の違いが・・・。(先生自体の日本語の技量の問題もあるけれど・・・)、 あまり一般的でない使用法も同列に意味の説明がなされている感じでした。先生は上手く説明してくれるんですが、 ノートに書きにくい感覚に訴えるような説明なので、ちょっと(困)でした。でも、感覚的になんとなくわかりました。

 
先週の続きの語気詞を使った練習。お手製の練習問題プリントをつかって、( )内の語気詞をうめるという荒業? をやりました。少し問題を紹介しておきます。
人人都係咁講(  )、你唔知咩?
呢個唔係玩具(  )、唔準玩。
次次約你都遅到、聴日唔會再遅到(  )。
いががでしょう?上から、架啦、嚟架、喇掛が正解ということですが、難しいです・・・。

こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+