どこの地でもその地域独特の飲み物ってあるものです。(そーでもないですか!?)ここ香港では、怪しい飲み物を探せば、一冊の本になるくらい(大げさ!)あります。
実はその中でお気に入りの物があるんですが、その名も「鴛鴦茶」(いんよんちゃ)といいます。わかりやすく言うと、コーヒーと紅茶をブレンドした飲み物です。結構イケます!家で勝手にブレンドするとこうはいかないと思うので、「黄金比率」なるものがあるにちがいないでしょう。非常にポピュラーで、スーパーやデパートで粉末のインスタントやティーバッグが売られてます。

あと、「熱飲可楽」(いっやむほうろっく)その名の通り、「ホットコーラ」。レモンとたっぷり入れて飲みますが、想像したほどまずくはないですが、もう飲みたくないかな〜。という味でした。

さらに、我々日本人には納得いかないものとしてペットボトルのお茶に「砂糖」が入っています。「無糖」というのを探さないと我々のおなじみの「ペットボトルのお茶」には巡り会えません。現地の人になぜ砂糖が入っているのかを尋ねると、「清涼飲料水は甘くないとダメでしょ!?」とよくわからん回答でした。

最後に、これは広東語の先生に教えてもらったんですが、「沙示」(さーしー)という炭酸の缶飲料。歯磨き粉の味が好きな人はお勧め!炭酸気の抜けたコーラに歯磨き粉の味をブレンドしたマイルドな飲み物です。何度途中で捨ててしまおうと思ったことか・・・。飲食物を無駄にできない育て方をされたワタシは結局全部飲みましたけど・・・。その後半日くらいは歯磨き粉を食べた気分でした。

こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+