街を歩いているとワタシを日本人としてみてくれないこと。とても失礼である。日本人御用達のペニンシュラのアーケードから出てきても、ニセモノ時計屋さんは声をかけれくれません。スーパーでレジに並んでいても、前に並んでいた日本人には英語で金額を教えてるのに、ワタシの番になると広東語で金額を言われたり。黙って支払ってますが・・・。我係日本人!!と叫びたい!!
と思い続けてましたが、最近家族と一緒に訪港し始めて、一緒に街を歩くと「ニセモノトケイ」と話しかけてくれるようになりました。でも、うれしかったのは最初の一回目だけですかね〜。あとはうっとうしい!!やっぱり日本人としてみてほしくないかなぁ・・・。人間とはかくも勝手なものなり・・・。

こちらから印刷、メールやSNSでシェアできます…Print this page
Print
Email this to someone
email
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+